読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいでよ!FXトレーダーの杜

FXトレーダーが集う、情報収集のためのFXブログです。定期的なアンケート実施の他、ゲームやスポーツについての雑談もしています。

2016/7/4週の相場分析

FX全般

こんにちは、ねこトレーダーです。(´・ω・`)ヤァ

諸事情により、fx-onへのコラム掲載が一時休止となってしまいました。(´;ω;`)ブワッ

再開は早くて8月以降となり、また再開した際にはこちらでお知らせしますので、それまでお待ち頂ければと思います。(´・ω・)スマソ

 

ということで、最近はコラムへ寄稿していた週間の相場分析をブログにて行おうと思います。

どのみち毎週やっている事で、トレードの下地みたいなものですので、せっかくなら記事にしちゃおうという魂胆です。(´∀`*)エヘヘ

 

ドル円相場分析

f:id:catrader:20160703001754j:plain

左が日足、右が週足のドル円のチャートです。

【表示テクニカル】

SMA200、ボリンジャーバンド21、一目均衡表、RSI14

日足のフィボナッチは2015/6/5高値の125.843円から直近安値98.898円

週足のフィボナッチは2011/10/31週の安値75.574円から125.843円

 

先週は調整が優勢となりましたが、週足は下方向、日足はブレグジット前安値で先週の戻りが抑えられておりレジサポ転換を確認、引き続き下目線です。

日足のボリンジャーバンドは収縮を始め、一旦落ち着きを見せている状況ですが、5/23週のボリンジャーバンドが収縮し、翌週の5/30週で大陰線が出たことで再度拡大した時のように、今週更なる下落が見られるかが最大の注目ポイントですね。

下落する場合は先週の戻り高値が強力なレジスタンスラインとなり、再度日足のバンドも拡大し、下値を探る展開となるでしょう。

逆に今週も調整となった場合は、104円ハイ~ミドルまで下がってくるセンターラインと白いレジスタンスラインを突破できるかが焦点で、もし上抜けする様な事があれば、もう1段の戻りを意識しないといけません。

 

ユーロドル相場分析

f:id:catrader:20160703225052j:plain

左が日足、右が週足のユーロドルのチャートです。

【表示テクニカル】

SMA200、ボリンジャーバンド21、一目均衡表、RSI14

日足のフィボナッチは2014/5/8高値の1.39925ドルから2015/3/13安値の1.04627ドル

週足のフィボナッチは2008/7/14週高値の1.60385ドルから1.04627ドル

 

週足レベルでレンジに突入しかけたユーロドル、先週下落すればエクスパンションが始まるチャンスでしたが、見事に戻っていきました。

しかし、上下方向共にいつトレンドが始まってもおかしくない、非常に不安定な状態をキープしています。

また面白い事に、日足レベルでは2015/12/3から始まった白いトレンドラインをブレグジットによってブレイクし、先週そのラインで戻りが抑えられており、ドル円同様レジサポ転換が確認できています。

もし今後下落するのであれば、現在絶好の戻り売りチャンスとなっていますが、トレンドラインのレジサポ転換で仕掛ける場合は、ラインの上下(今回の場合は白いラインの上)に損切りを置くので、日が経つにつれてどんどん損切りラインが離れてしまうのが難点です。(´・ω・`)ウーム

もし今週前回高値付近まで再上昇して跳ね返される様であれば、中期用にちょっとだけ売ってみたいと思いますが、長期戦になりラインの上昇に合わせて損切りラインを遠くするのはちょっとリスクが高すぎるかと思いますので、お得意の同値撤退作戦を取るかと思います。

利食いは最新のサポートライン付近の挙動を見ての判断になりそうですが、これも長期戦になればどんどん利益が減ってしまいますので、下落の勢いが無いと判断したら適当な位置でも利確すると思います。

しかし、ドル円とユーロドルで共に上値を抑えられているとは・・・もしかしたらユーロ円を売った方が良いのか?

とも思いましたが、そちらはもうちょっと良さげな戻りを作るまでは様子を見る事にします。

 

【pick up通貨!】ポンド円相場分析

f:id:catrader:20160703234344j:plain

左が日足、右が週足のポンド円のチャートです。

【表示テクニカル】

SMA200、ボリンジャーバンド21、一目均衡表、RSI14

日足のフィボナッチは2015/6/24高値の195.860円から直近安値133.233円

週足のフィボナッチは2007/7/16週の高値251.080円から2011/9/19週安値116.828円

 

なんだかんだで下落が限定的なポンド円。

6/30未明にカーニーBOE総裁の「7月のBOEで見極め、8月で金融緩和を行う」的な発言があって瞬間的にポンドは売られたもののすぐ戻し、ここから突っ込んで売っていくパワーは残ってない様にも見えますし、カーニー総裁の発言は素直に正面から受け取れない(カニだけに・・・(ノ∀`)アチャー)という事もあります。

また、2012/1/9週からの長期サポートラインでぴったんこ止められていますので、直近安値付近ではショートの利食いにプラスして新規ロングも入っているのではと思われますが、私にはそこまで強いラインには見えず、今まさに切れ味鋭いナイフが落ちている真っ最中だと思いますので、何とか売り場を探してショートを持ちたいと思っています。

狙い目は先週下窓を開けて始まったので、その窓埋めの完成&日足の-σが下りてくるであろう139円ハイ。

そこまで戻したら、挙動を確認して長期ショートを検討したいと思っています。

もし戻らず下落しラインを切れる様なら、これより下には目立ったポイントが無く、2011年9月安値を目指す展開が考えられますので、ブレイク時に少量でも売っておきたいと思います。

 

テクニカル分析は以上になりますが、今回も最後に重要な事を言っておかなければなりません。

 

今日は独立記念日でNY休場だよ!

 

よっぽどの事が無い限り、私も今日は欧州時間までのトレードにする予定です。

それでは皆様、今日も爆益を!(σ・∀・)σゲッツ!!

広告を非表示にする