中腹のまほろば

FX・副業・ゲーム・ジブリ・スポーツ等をまったりと綴るブログです。どうぞごゆるりと(´・ω・`)

2016年7月相場のまとめ

夏真っ盛り!

自然とアイスの消費量も増えますが、先日ガリガリ君に当たりが出てちょっと嬉しかった、ねこトレーダーです。(´・ω・`)ヤァ

まぁ、上か下か1/2の確率で当たるFXでは全然大当たりは出ませんがね。(ノ∀`)アチャー

 

7月相場振り返り

f:id:catrader:20160801163550j:plain

ブレグジットで沸きに沸いた6月に比べると全体的にボラティリティは低下していますが、それでもポンド円なんかはまだ1日平均で300pipsを超えており、余波を引きずっている感じがしますね。

フランスで再びテロが起きましたが値幅は限定的で、市場が慣れてしまっている事に恐怖を感じたりもしました。

 

7月の円相場

ドル円ブレグジットで100円を割れ再度下を攻める展開かと思いきや、雇用統計にて下値を試しに行き失敗。

100円が鉄壁である事が確認され、参議院選挙にて与党が圧勝した事も影響し、中旬には107.48円までの上昇とかなり勢いのあるトレンドが発生しました。

当然アベノミクス、日銀の金融緩和を期待しての買いもあったでしょうが、実際の会合ではETFの買い入れ額増加のみとなり、一応は追加緩和をしたものの市場の期待には程遠く、またFOMCの現状維持、4-6月期GDP速報値も悪化した事によるドル売りも重なり101.97円まで戻して今月を終えています。

 

7月のポンド・豪ドル相場

ユーロ、ポンド、豪ドルと、今月は方向感の無い動きとなりました。

中でも豪ドルが若干強かったのかな?という印象です。

ブレグジット高値を最初に回復したのが7/12の豪ドルドルでしたが、その後は反落しもみ合い。

イギリスは予定より早く新首相が決定し、少しでも先行きの不透明感が和らいだという一面もあり、各通貨下値攻めが失敗した事が鮮明になると調整が優勢となった1ヵ月でした。

 

8月の展望

FOMCと日銀という大きなイベントを消化した今、再度円買いの流れ、リスク回避の流れが来つつあります。

しかもドルが弱いので、ドル円はもろにその影響を受けかねません。

対円ではドル売り、ポンド売り。

対ドルでは豪ドル買い、ユーロ買い。

ざっくりとそんなイメージでおりますが、本日8/2のRBA、8/4のBOEの結果次第では流れが変わってしまう可能性もあります。

また、海外勢はバカンスシーズンで市場が薄くなる時期もあると思いますので、突発的な動きには注意をしたいと思います。

 

それでは皆様、今月もよろしくお願いします。(`・ω・´)ゞヨロシコ!

 

関連記事リンク

catrader.hatenablog.jp

広告を非表示にする