中腹のまほろば

FX・副業・ゲーム・ジブリ・スポーツ等をまったりと綴るブログです。どうぞごゆるりと(´・ω・`)

レビュー:マウントレーニア カフェラッテ

森永乳業 マウントレーニア カフェラッテ

 

f:id:catrader:20171021220643j:plain

発売日:1993年2月(2015年3月10日リニューアル)

コーヒー:★★★★★

ミルク:★★★

甘さ:★★

コスパ:★

総合評価:S

 

これだけ息の長い製品は珍しいです。

私が初めて飲んだのが大学受験のために通っていた予備校の休憩室でしたので、もう何年前になるか・・・。

日々新しい商品が生まれては消えていく過酷なこの業界において、20年以上も当たり前のように陳列棚に並んでいる、それだけの理由がこのカフェオレにはあります。

しっかりとしたコーヒーは飲んだ後鼻に抜ける香りまでしっかりと感じるレベルで、その辺の市販カフェオレとは一線を画しています。

カフェオレらしくミルクもしっかりしてますが甘さは控えめで、コーヒーの強さの方が勝っている感じです。

パッケージはカップタイプにストローですので、持ち運びには適しません。

そして何よりお高い・・・。(;・∀・)タラー

「庶民はお呼びでなくてよ!」という声が聞こえてきそうなセレブ感たっぷりのカフェオレです。

 

高校生の私はバイトもしておらず、月々の小遣いでやりくりしていたので、滅多なことでは買い物なんてできませんでした。

当時からカフェオレは好きでしたので、まぁ買うとすれば500mlで120円前後の一般的なペットボトルのカフェオレでしたが、その日は贅沢をしたい気分だったのでしょう。

細かい経緯は覚えていませんが、普段は決して手にすることのないこのカフェオレを買い、飲んだ瞬間『何じゃこりゃ!!』と衝撃的な味を経験する訳です。

数学の公式は全く覚えられないのに、その時のインパクトは未だに覚えていますよ。

 

同じ値段で様々なカフェオレが並んでいたら、今現在私はこのカフェオレを選ぶかと思います。

しょっちゅうは買えませんが、贅沢な気分に浸りたい時にまたお世話になりたいです。(´∀`*)エヘヘ

 

catrader.hatenablog.jp